黒豆 煎り豆 煎り方 簡単時短方法 おせちの残り活用術

煎り黒豆

AD

煎り黒豆 おせちの残り活用術

おせちの残りの黒豆(乾燥)を使って、

煎り黒豆を作っておけば、

お茶やご飯んにも応用出来て便利です。

もちろんそのまま食べて、ヘルシーおやつにも。

材料 調理時間;20分(浸水時間を除く)

  • 黒豆(乾燥)(新豆)50g(適宜残った分量でお楽しみください。)
  • 水 適宜

作り方

  1. 黒豆は水洗いした後、ボウルに入れ、かぶるくらいの水に1時間漬ける。(新豆でない場合は3時間~一晩つけても)黒豆
  2. ざるに上げて水気を切ったら、フライパンに入れて、弱めの中火で乾煎りする。(フライパンをゆすりながら、全体をまんべんなく煎る)皮がはじけて、香ばしく仕上がれば完成。(15分~20分目安)煎り黒豆(しっかりと乾燥できれば、保存瓶などに入れて、1ヶ月くらい保存可能です。)

ポイント

  • 水に漬けてから煎ると中がふっくらした仕上がりになります。
  • フライパンには何も入れずにいるので、古いフライパンなどを使うと良いでしょう。
  • 時短したい場合は、水に漬けた黒豆をざるに上げた後、ラップをして600wの電子レンジで1分~2分加熱した後に、煎ると少し早い仕上がりになります。

AD