生秋鮭と野菜の味噌炒め

生秋鮭と野菜の味噌炒めレシピ

おもてなしおつまみ研究家の竹内浩恵です。

レシピマグをご覧いただきまして、

ありがとうございます。

今回ご紹介するレシピは・・・

生秋鮭と野菜の味噌炒めレシピ」

豆板醤で少し辛味を加えた味噌味が

ビールやチューハイにピッタリ。

野菜もたっぷり食べられる、

フライパン1つで作れる簡単レシピ。

材料(2人分)調理時間:10分

  • 秋鮭(生 切り身) 4枚(130g)
  • たまねぎ 1/4個(1㎝幅に切る)
  • キャベツ 120g (一口大に切る)
  • エリンギ 1本(長さを半分に切り、5㎜幅に切る)
  • 椎茸 1個(1㎝幅に切る)
  • にら 3枝(3㎝長さに切る)
  • *味噌 大さじ1
  • *豆板醤 適宜
  • *酒 大さじ11/2
  • *みりん 大さじ1/2
  • *すりおろしにんにく 少々
  • *すりおろし生姜 少々
  • バター 10g

作り方

  1. 鮭は塩を振り、冷蔵庫で10分ほど置く。野菜を切り、*の材料を合わせておく。(骨をとっておくと食べる時が楽です)
  2. ①の鮭の水気をキッチンペーパーで拭き取り、全体に小麦粉を薄くまぶす。フライパンに太白ごま油または、サラダ油を入れて、鮭を両面中火で焼き色がつくまで焼き、一度取り出しておく。
  3. 同じフライパンに、たまねぎを入れて、しんなりするまで中火で炒める。キャベツ、エリンギ、椎茸も加え、しんなりするまで中火で炒める。
  4. ③に②の鮭を戻入れて、*の合調味料も加えて、弱めの中火で炒める。(鮭が崩れないように気をつけて)
  5. 仕上げに、にらと、バターを加え、中火で炒めにらがしんなりしたら、器に盛り付ける。

ポイント

  • 鮭は塩を振り少し置いて、出てきた水分を拭き取ると、臭みが少なくなります。小麦粉をまぶしておくことで、味が絡みやすくなります。
  • *調味料は事前に合わせておくと、ダマにならず味がムラなく絡みます。
  • 鮭を戻し入れたら、優しく鮭が崩れないように炒めましょう!

器と盛り付け

今回は和風の器にしようか迷いましたが、

サタルニア ローマブルーラインのオーバルプレート24㎝に盛り付けました。秋鮭と野菜の味噌炒め

秋鮭と野菜を分けて盛り付けましたが、

鮭を中央に置き、野菜を上からかけてもいいと思います。

お好みの盛り付けでお楽しみください。

野菜と一緒に食べるのがおいしいです♡

この料理に合うお酒は?

ピリッと辛い味噌の味付けは、ビールやチューハイとの相性も抜群。

ワインなら、スパークリングワインかロゼワインなどと合わせます。

スパークリングは、ピリッと辛い味噌風味をさっぱりとさせてくれます。

ロゼワインのコクがサーモンの風味とよく合います。


お好みのお酒と試してみてくださいね。


 

気軽な食卓におすすめです。

おわりに・・・

最後までレシピマグをご覧いただきまして、ありがとうございました。

これからも作りやすいレシピをアップしますので、引き続きお楽しみいただけたら、嬉しいです。

インスタグラムでも、写真をアップしています。いいね・フォロー大歓迎!

Instagramはこちらから

おもてなし料理教室Cooking Salon Takeを開催しています。

詳細はクッキングサロンテイクHPよりご確認ください。

クッキングサロンテイクQRコード

おもてなしおつまみ研究家 

クッキングサロンテイク主宰

竹内浩恵

関連記事

  • 14_主菜(肉・魚)レシピ
塩豚と白菜の和風鍋 白菜使い切りレシピ 

塩豚白菜和風鍋 寒い日に温まる鍋料理。 ゆっくり煮込んだ塩豚はとっても柔らかい仕 […]

  • 14_主菜(肉・魚)レシピ
鶏から揚げ(塩)サクサクジューシーレシピ

鶏から揚げ(塩) おもてなしおつまみ研究家の竹内浩恵です。 レシピマグをご覧いた […]

  • 14_主菜(肉・魚)レシピ
夏野菜のカレー ルー不使用レシピ

ルー不使用の夏野菜のカレー ルー不使用なのでとってもヘルシーなカレー。 野菜の旨 […]

  • 14_主菜(肉・魚)レシピ
帆立とかぶのミルク煮レモン風味 冷凍帆立で簡単 おもてなしにもピッタリなおしゃれほたてレシピ

ほたてとかぶのミルク煮レモン風味 おもてなしおつまみ研究家の竹内浩恵です。 レシ […]

  • 14_主菜(肉・魚)レシピ
ゆで豚のねぎ塩ダレ

ゆで豚のねぎ塩ダレレシピ 作り置きしておくと便利な一品。 じっくりコトコト煮るだ […]

  • 14_主菜(肉・魚)レシピ
おうちで簡単!しっとり鶏チャーシューレシピ 

鶏チャーシュー おうちで簡単に作る、 しっとり鶏チャーシューのレシピをご紹介。 […]