1. TOP
  2. 14_ごはん・どんぶりレシピ
  3. 秋刀魚の炊き込みご飯 レシピ

秋刀魚の炊き込みご飯 レシピ

秋刀魚の炊き込みご飯

秋の味覚の代表、秋刀魚。

この季節になると必ず作る、我が家の定番、秋刀魚の炊き込みご飯をご紹介します。

秋刀魚は、皮を焼いてから炊き込むのが私のポイント。

生臭さもなくなり、香ばしい香りがご飯にも加わり、とっても美味しいふっくらご飯に仕上がります。

脂ののった美味しい時期に是非お楽しみください。

炊飯器バージョンとお鍋バージョンの2種類で記載していますので、お好みの調理法で是非お試しください。

材料(白米2合分)

  • 秋刀魚 2尾
  • 白米 2合分
  • 水 360ml(昆布5センチ角1枚を漬けておく)(お鍋で炊く場合は380ml)
  • 酒 大さじ2
  • 塩 小さじ1/2
  • 薄口醤油 小さじ1(ふつうのお醤油の場合は、塩分を少しプラスして味を調整してください。
  • 生姜 1片(みじん切り)
  • 青ねぎ 適宜(小口切り)三つ葉でも
  • すだち 適宜

img_2775

作り方

  1. 秋刀魚は、内蔵を取り除き、流水で洗った後、水分をしかりと拭き取り、半分に切り、塩と小麦粉をまぶして、テフロン加工のフライパンで両面や焼き色が付くまで、強火で焼く。
  2. 洗った白米は、昆布入りの水に30分から1時間漬け、炊飯器に入れて、酒、塩、薄口醤油を加えて混ぜ合わせたら、みじん切りの生姜と①の秋刀魚をのせて、スイッチを入れる。(普通の炊飯モード)
  3. 焼き上がったら、秋刀魚を取り出し、骨を外し、再び炊飯器に戻して、10分ほど蒸らし、よく混ぜ合わせる。青ねぎをのせ、お好みですだちをかける。

img_2576

 

炊きあがりの写真です。

今回はストウブのブレイザーソテーパンで作りました。

②のご飯を鍋に入れてたら、ふたをして、沸騰するまでは強火で、沸騰後はごく弱火にして、10分〜15分炊く。ふたをしたまま5分から10分蒸らす。

お鍋で炊くと、おこげもできて、とっても美味しく炊きあがります。

 

お鍋て作る時は水分を少し多めにするのがポイントです。

用意さえすれば、ほったらかしでできますので、とっても簡単です。

火加減のコツさえつかめばお鍋でも失敗無くできますよ。

 

秋刀魚のおいしい時期に是非お試し下さい。

 

料理家・フードコーディネーターの竹内浩恵です。

最後までレシピマグをご覧いただきまして、ありがとうございました。

 

この関連記事もよく読まれています。

  • 簡単!かぼちゃのマフィンレシピ

  • 栗 茶巾絞り わかりやすいレシピ!

  • 栗のむき方 レシピ 

  • 炊飯器で簡単!シンガポールチキンライス レシピ 

  • 豚肉ときのことごぼうの炊き込みご飯 ストウブご飯レシピ

  • 秋のテーブルコーディネートtop